MENU

加齢と体臭

ウーマン

加齢に伴う体臭の対策

40歳を過ぎてくると、若い頃には気にならなかった加齢臭に悩まされる人も増えてくることでしょう。この加齢臭の原因ですが、簡単にいうと過酸化脂質というものと脂肪酸が合わさることで生じるノネナールという物質によるものと考えられています。日本人は欧米人などと比べると体臭が少ないとは言われていますが、それは肉食ではない和食中心の生活をしていた時代の話です。最近では日本人であっても、肉ばかり食べているような人は加齢臭に気をつける必要があります。対策としては、加齢臭の原因とされるノネナールを抑制する抗酸化作用のあるものを食べるのが良いでしょう。具体的にはかぼちゃやほうれん草などのビタミンCやビタミンEを豊富に含むものが望ましいと言えます。喫煙も加齢臭の大きな原因となりますが、体臭だけではなく、がんなどの病気の大きな原因になるのでほどほどにするか、少しずつやめる努力をしてみると良いでしょう。また、ストレスもノネナールの発生に影響があるので仕事などをしていると難しいことも理解できますが、ストレス発散の方法を自分で見つけるなど、できるだけ緩和させるようにすることが大切です。加齢臭は男性特有のものと感じている人もいるかもしれませんが、男性の場合女性よりも皮脂量が多いために匂いが目立ちやすいだけであって、女性でも皮脂の分泌を抑えていた女性ホルモンが減少して男性ホルモンが活発化すると男性と同様の現象が見られるようになります。

Copyright© 2018 膣トレの申し込みが安心【利用内容を確認しよう】 All Rights Reserved.